ウィル イングリッシュスタジオ

(C)Miki Takei & WEP

ウィリーと大ちゃん 

>
ウィル イングリッシュスタジオ

 市販されている多くの教材は型にはまりきっていて退屈。
付属のCDやテープの映画のスピードもスロー、発音もきれいにまとまりすぎ。
イントネーションにも魅力がありません。
これでは英会話を身につけるプロセスに飽きてしまうのは当然です。
英語は気持ちを伝える手段。本来“楽しいもの”であって“つらい勉強”ではありません。

 映画の台詞の言い方や歌の唄い方には豊かな感情が込められています。

 人は“嬉しい!”とか“驚いた!”という気持ちが起こって、言葉を発しますよね。
英会話を自由に話すためには分の作り方や単語を学ぶと同時に、「心情」「考え方」「ものの言い方」
を知ることが不可欠です。


 特に映画の会話はネイティブの生の英語であり、リアルな発音、
イントネーションを体感できる絶好の教材なのです。


 好きなスターの映画やミュージシャンの歌声が相手なら飽きずになにより続きますよね!!

なぜ映画や音楽を題材に?
なぜ映画や音楽を題材に?
なぜ映画や音楽を題材に?
なぜ映画や音楽を題材に?